中医学コラム

  1. 眠りが浅い・なかなか眠れない、すぐ目が覚める

    ◇眠りの陰陽眠れない時は、寝ないで放っておけばそのうち勝手に落ちているものですが、いつまでたっても眠れない、いつまでも起きていられるという時もありますね。そんな時は眠剤などのお薬の力を借りることもあるかもしれません。

  2. 下痢、汗のかきすぎ、出血、だるさ、ふらつき、失神

    ◇気随液脱(きずいえきだつ)食あたりや風邪などでひどい下痢をした時。暑くてものすごく汗をかいた時。めったにないけど、ケガなどで、大出血した時。

  3. 重い生理痛、無月経、脇のラインの張るような痛み、イライラ

    ◇気滞血瘀(きたいけつお)体に痛みや違和感がある時、ほとんどはその場所や関連する部分にこの気滞血瘀があることが多いです。これは気(エネルギー)が滞り、血流に影響して血流も滞り、塊が出来て痛むという症状です。

  4. ゲップ、しゃっくり、酸っぱい液がこみ上げる、嘔吐、落ち着かない

    ◇肝胃不和(かんいふわ)昔の人は、内臓はなんで落っこちてこないのか、きっと不思議だったのだと思います。だからといって、こんな考え方をするっていうのも斬新だなーって思うんです・・・・。

  5. 火照り、イライラ、冷え、不眠、動悸、目眩耳鳴り、腰痛

    ◇心腎不交(しんじんふこう)更年期になると、火照り、イライラ、手足の冷え、不眠、動悸、目眩、耳鳴り、腰痛、下半身のだるさ、などの症状で、辛い時間を過ごす事があるかと思います。

  6. 足がつる、眼が疲れる、爪が割れる、眠りが浅い、生理の量が少ない・・

    ◇肝血虚(かんけっきょ)血液検査では貧血ではないのに、ふらふらする、頭が痛い、風邪をひきやすい目が疲れる足がつりやすい手足が痺れる、顔色が白くつやが無い爪が割れやすい眠りが浅い、生理の量が少ない経血の色が淡い酷い時は無月経...

  7. 怒り、抑鬱感、イライラ、生理不順、出血の異常、喉の異物感

    ◇ストレスを発散出来ないと?・肝気鬱結(かんきうっけつ)職場や学校。

  8. 重ダル・冷え・むくみ・消化不良・痛み

    ◇梅雨時の体の不調いろいろ・「脾虚湿生(ひきょしつせい)」毎年、季節の変わり目の時期になると、体がだるくなったり、重く、消化不良や頭痛などの不快な症状に悩まされる人って、結構いるのではないでしょうか?これはこの季節の変わり目、「土用」が、脾・胃と関係が...

  9. 熱が出た時冷やす?温める?

    ◇表熱裏寒(ひょうねつりかん)・体表と体内と冷えと熱病気の名前とは違いますが、中医学の体の状態を現す言葉に、表熱裏寒(ひょうねつりかん)というのがあります。表証(ひょうしょう)とはインフルエンザなど、病気が外から皮膚や鼻や口から体内に入り込んで引き起こされた体の急性症状の事です。

  10. イライラ・焦り・緊張・胃痛・食欲不振・下痢・冷え

    ◇5月の連休明けにありがちなストレス目次 緊張や焦りでヘトヘトに イライラ・胃が痛い・下痢 ストレスで体が冷える 色や香りでくつろぐ・声を出す緊張や焦りでヘトヘトにそろそろ新しい環境に慣れたころですが、人によっては様々な問題が浮上し...

ページ上部へ戻る