blog

  1. 陰陽五行の講座・きっかけは猫でも自然の法則は同じなので。

    ◇陰陽五行の講座陰陽五行の講座を受けに来てくださる方のその理由は、大きく分けて2つあります。1つは、ほとんどセラピストさん。

  2. 火照り、イライラ、冷え、不眠、動悸、目眩耳鳴り、腰痛

    ◇心腎不交(しんじんふこう)更年期になると、火照り、イライラ、手足の冷え、不眠、動悸、目眩、耳鳴り、腰痛、下半身のだるさ、などの症状で、辛い時間を過ごす事があるかと思います。

  3. 足がつる、眼が疲れる、爪が割れる、眠りが浅い、生理の量が少ない・・

    ◇肝血虚(かんけっきょ)血液検査では貧血ではないのに、ふらふらする、頭が痛い、風邪をひきやすい目が疲れる足がつりやすい手足が痺れる、顔色が白くつやが無い爪が割れやすい眠りが浅い、生理の量が少ない経血の色が淡い酷い時は無月経...

  4. 冷え、のぼせ、浮腫み、イライラ、重ダル、不眠・・・

     ◇7月8日(土)広尾の朝市に出店します!・なんとなく、調子悪い・・お医者さんに行くほどの、際立った不調ではないし。っていうか、この「何となく・・・」っていう感じを、どう説明したらいいのかわからないから、まあいいや。

  5. 怒り、抑鬱感、イライラ、生理不順、出血の異常、喉の異物感

    ◇ストレスを発散出来ないと?・肝気鬱結(かんきうっけつ)職場や学校。

  6. 胃下垂 子宮下垂 だるい 食後にお腹が張る 便意が頻繁  

    ◇内臓下垂はなぜ起こる?・気のバランス失調五行では、胃と脾は表裏関係と言って、それぞれ関係が深く、片方の状態は必ずもう片方の働きに影響すると言われています。

  7. 重ダル・冷え・むくみ・消化不良・痛み

    ◇梅雨時の体の不調いろいろ・「脾虚湿生(ひきょしつせい)」毎年、季節の変わり目の時期になると、体がだるくなったり、重く、消化不良や頭痛などの不快な症状に悩まされる人って、結構いるのではないでしょうか?これはこの季節の変わり目、「土用」が、脾・胃と関係が...

  8. 熱が出た時冷やす?温める?

    ◇表熱裏寒(ひょうねつりかん)・体表と体内と冷えと熱病気の名前とは違いますが、中医学の体の状態を現す言葉に、表熱裏寒(ひょうねつりかん)というのがあります。表証(ひょうしょう)とはインフルエンザなど、病気が外から皮膚や鼻や口から体内に入り込んで引き起こされた体の急性症状の事です。

  9. イライラ・焦り・緊張・胃痛・食欲不振・下痢・冷え

    ◇5月の連休明けにありがちなストレス目次 緊張や焦りでヘトヘトに イライラ・胃が痛い・下痢 ストレスで体が冷える 色や香りでくつろぐ・声を出す緊張や焦りでヘトヘトにそろそろ新しい環境に慣れたころですが、人によっては様々な問題が浮上し...

  10. 陰陽五行の講座の様子

    目次 マンツーマンのゆったり講座 陰陽五行の使い方 料金・場所など◇陰陽五行の講座の様子・マンツーマンのゆったり講座大人数の講座は、受講生同士わからない所を、共有したり教え合ったりできて、友達も出来て楽しいというメリットがありますが、人によっ...

ページ上部へ戻る