ブログ

中医学コラム ~体の中で吹き荒れる風

 

 

◇目次


◇体の中で吹き荒れる風

昔でいう
カミナリおやじ(笑)が、
怒り爆発中に
突然倒れる・・

または、
驚きのあまり
脳卒中・・・

中医学では、
体の中で、
陰陽バランスが崩れて
陽が亢進した状態が
長く続いたり、

湿気が溜まり過ぎて
エネルギーの流れが滞ると

熱が生じて
風が発生することがある、
とされています。

水と熱があれば、
風は発生しますものね(^_-)-☆

体内で強い風が吹くと、

熱は上へと昇る
性質があるので、

頭部の症状、例えば、
強烈な目眩、頭痛、
痙攣、振え、
また手足の麻痺、
言語障害
意識障害
半身不随

など、卒中の症状を
引き起こすことがあります。

さらに酷い時は
背中をそらして
硬直、
白目をむく
歯を食いしばる
高熱、意識障害

のような状態に
なることもあります。

これらは
肝と熱が関係していて、

肝の働きが滞り、
熱が籠って
起こる症状です。

五行では肝は
木の性質です。

木は水で潤います。

そして五行では
水を与えるのは
腎です。

なので、腎の働きが
関係していると
考えることもできます。

腎水で肝木を潤す
という関係が
壊れた時、

極端な熱の症状が
現れると風を生む

というわけです。

肝は筋(スジ)を
管轄しているので、

筋肉を震えさせたり
硬直させたり、

特に熱は上昇するので、
頭部の症状となって
現れます。

木(肝)と火(心)は
母子関係なので、

肝の熱が
心の熱も亢進させると、

心神に影響して
意識障害が現れます。

始まりはストレス
かもしれないし、

食事や生活習慣で
気の巡りが滞っていた
だけかもしれません。

でもその状態が
長きにわたり
積もり積もって
改善されないと、

潤いを失い
氣が滞り熱を生じ、

極まるとこのような
突然爆発的な
熱の症状となって
体を傷つける
こともある、

と、覚えておくと
良いかもしれません。

知ることで防げることも
たくさんありますね(^_-)-☆

■中医学基礎講座
【症状から読み解く中医学】シリーズはこちら↓
http://joseimibyou-kkj.com/basic-medicine-basic-lecture-beginner/

■メニュー・料金はこちら↓
メニュー・料金・お問い合わせはこちら


◇検査にひっかからない貧血

血液検査では
貧血ではないのに、

ふらふらする、
頭が痛い、
風邪をひきやすい、
目が疲れる、
足がつりやすい、
手足が痺れる、

顔色が白い、
つやが無い、
爪が割れやすい、

眠りが浅い、
生理の量が少ない、
経血の色が淡い、
酷い時は無月経、

などの症状があって、
生活するのに
苦しさがあって辛い時、

肝の血を蔵する働きが
落ちている

ということが
あるんです。

肝は、気の巡りを
滑らかにする
機能の他に

各臓器の血量を調整し、
余りは血管内に
ストックして、
全身を栄養するという
働きがあります。

氣=エネルギーと、
血=栄養

の両方を
管理しているんです。

数字では貧血、
と言えなくても、

その人の体にとって、
血液の量が
足りてなかったり
巡ってなかったり
すれば、

貧血のような症状が
現れてきます。

そもそもダイエットや
病気、過労などで、

食事の量が
足りていないと、
血液の原料が
足りないし、

生理やケガなどで
出血が多すぎても
血液が足りなくなる
ことがあります。

全身を栄養
出来るだけの
量を確保できていて、
しっかり巡らせる。

これができて
体が潤うのです。

五行で肝の管轄である
目や爪に栄養が
行き渡らないと、

二枚爪や視力減退、
眼精疲労、

また顔面部が
栄養不足になると、
眩暈、耳鳴り、

また五行では
肝は筋(スジ)を
司るので、

手足の痺れ、振え
なども起こりやすく
なります。

また女性は
血が足りないと、
生理は量が少なく、
色は淡いです。

検査では
貧血じゃないのに、
貧血のような症状が
続く時は、

このような、
肝血虚(かんけっきょ)
という状態に
なっているかも
しれません。

まず、
血を増やさなければ
ならないので

血の素となる
食事は大切ですが、

血の素を作る臓器、
脾など消化器のケアも
重要です。

もし胃腸が
疲れているなら、
まず消化にいいものを
食べるところから
始めましょう。

鉄剤を飲むのも
手っ取り早いです。

肝血虚は
いろんな要素が
重なってから、
起こる症状です。

なんかおかしいな・・?

っていう時は、
食事が雑になっていないか、
睡眠は足りているか、

頑張り過ぎていないか、
ちょっと振り返って
みるといいですね(^_-)-☆

■中医学基礎講座
【症状から読み解く中医学】シリーズはこちら↓
http://joseimibyou-kkj.com/basic-medicine-basic-lecture-beginner/

■メニュー・料金はこちら↓
メニュー・料金・お問い合わせはこちら


◇すぐ怒る人

昔、会社の上司に、
とにかく
怒りっぽい人がいて

青いペンの束の中に、
赤いペンが
入っているだけで、

だらしないとか、
ちゃんとしろとか、
怒りまくって、

常に人の
あらを探しては、
怒りをぶつけて
いましたっけ。

だからと言って
仕事が
出来るわけではなく(^_^;)

今思い返すと、
その方は

「肝火上炎
(かんかじょうえん)」
だったのではないかなあ・・

と思うのです。

「肝火上炎」とは、
長引くストレスや
我慢のし過ぎ、
暑さなどにより、

肝の働きが鬱結して
熱が生まれ、

肝の氣の通り道、
経絡に沿って
上逆することで
発生する症状です。

熱や火は
上へ昇る
性質があるので

顔面、頭部に
影響が出やすいです。

目眩、耳鳴り、
頭痛、目の充血、
口の中が渇く、
イライラする、
怒りっぽい、
不眠、多夢
脇のラインの痛み
便秘、出血しやすい

などの症状は、

肝の、
氣の流れを
滑らかにする機能が、

肝の経絡上の
どこかで滞って
熱化すると
起こりやすいと
されています。

つまり、
ストレスから、
「肝気鬱結
(かんきうっけつ)」、
→「肝火上炎
(かんかじょうえん)」
に発展する
ということです。

肝と胆は
表裏関係で、
胆の経絡は
耳を通るため

目眩や耳鳴りなど、
耳の症状として
出ることがあります。

目は肝の管轄する
器官なので、
充血など
目の症状として
現れる事があります。

肝の熱が
心に及ぶと、

精神が休まらず、
眠りに影響します。

熱で血流が暴れると、
血が血管から
溢れやすくなり、

出血症状が出ると
されています。

肝の色んな症状は、

他の臓器にも
影響し易いです。

特に心や脾は
五行の相生(そうせい)
相剋(そうこく)
の関係なので、

肝のストレスが
メンタルや食欲に
影響し易いのも
うなずけますね(^_-)-☆

で、
件の上司ですが、

私は彼の
餌食となっておりまして、

毎日そりゃ
ストレス三昧
だったわけですが、

そんな怒りんぼちゃんを
撃退する言葉って
あるんですよ。

何を失敗した
わけではなく、
ただ気に入らない
ってだけで

皆の前で
怒鳴り散らして。

人間、
あまりに頭に来ると、
開き直るものですね。

自分でも意外でしたが、

「ありがとうございました!
またいろいろご指導下さい!」

と言ってました。

すると上司は
肩透かしを食らったように、

何も言わずにどこかへ
行ってしまいましたとさ。

ありがとうの破壊力、
恐るべし!

■中医学基礎講座
【症状から読み解く中医学】シリーズはこちら↓
http://joseimibyou-kkj.com/basic-medicine-basic-lecture-beginner/

■メニュー・料金はこちら↓
メニュー・料金・お問い合わせはこちら


◇ストレスと胃腸

五行では
脾や胃などの
消化器系の働きを

制御、コントロールする
相剋の関係にある臓器は、

肝です。

ですから、
肝の働きの良しあしが
脾胃に影響することが
よくあります。

肝の働き、
つまり生理機能は、

まず、蔵血、
(全身の血量の調整)

気の巡りを
滑らかにする、

そして感情の
コントロールです。

何らかの原因で、
それらの肝の働きが
弱くなると、

肝そのものだけでなく、
心や脾にも
影響します。

特に肝は
ストレスに弱く、

のびのび出来ない
状態が続くと、

鬱屈して
気の流れが滞り、

感情の抑鬱や
怒り、

胸脇部の
肝の経絡
(気の通り道)上に
張りや痛みが出る、

生理不順や
出血の異常
生理痛、
乳房の張り、

喉の異物感

等の症状が
出やすくなります。

さらに無理をすると、
症状は発達して

他の臓器にも
波及してしまい、

特に脾胃などの
消化器を
コントロール
しすぎたり
働きを傷つけたり
してしまう事も
あるでしょう。

ストレスで
胃が痛くなったり
緊張で食欲が
無くなったり

そんな時は
胃腸の事だけを
考えるのではなく、

肝からの影響も
あるかもしれない

と覚えておくと
いいと思います。

香りのいい野菜、
柑橘類、
ハーブティーや
アロマなどで

セルフケアするのも
いいですね(^_-)-☆

でも一番の癒しは
睡眠です。
できるだけ
12時前には
眠りましょう。

23時~1時は
体の陰の気が
最も強い時間帯です。

この時間帯に
眠りについていると、

1時~3時の
肝の生理機能が
もっとも活動的な
時間帯に、

体の血液や気の巡りの
調整が思い切り
出来るというわけです。

仕事で忙しい時は
1週間に1回でもいいので、

この時間帯に
眠ることを
習慣にしては
いかがでしょうか?

 

■中医学基礎講座
【症状から読み解く中医学】シリーズはこちら↓
http://joseimibyou-kkj.com/basic-medicine-basic-lecture-beginner/

■メニュー・料金はこちら↓
メニュー・料金・お問い合わせはこちら


◇内臓下垂(ないぞうかすい)

身体の中味、
特に内臓が
どうして重力に
影響されずに

定位置に
納まっているのか、
不思議に思ったこと、
ありますか?

中医学では、

脾には小腸から
受け取った栄養を
胃よりも上の方へと
上げる働き、

脾の昇清(しょうせい)作用
という機能があります。

反対に
胃は食べたものを
下へ降ろすので

胃の下降の力と
脾の上昇の力で、

体内の氣の
昇降バランスが
保たれていると
言われています。

また肝の
氣の流れを滑らかに
する作用(疏泄作用)も
係わっています。

もし、脾が疲れて、
昇清作用が弱くなると、

内臓が重力に逆らえず
下垂する原因に
なったりします。

良く見られるのが
胃下垂です。

これを
「中気下陥
(ちゅうきげかん)」
ともいいます。

脾が湿気や
ストレス、
慢性の下痢、
冷たいものの過食、
冷え、暴飲暴食、
過労などで、
働きが弱ると、
酷い場合はこのように、

内臓下垂が
現れたりします。

また体質的に、
脾が弱い人にも、
胃下垂の人は多い
ようです。

大体痩せていて、
顔色は白く、
腹部の張り感、
慢性の下痢、
だるさがあり、
物静かな感じの方が
多いように思います。

この場合は、
脾の養生が大切です。

つまり
冷たいものの過食、
冷え、暴飲暴食、

甘いものの過食、
過労、考えすぎ、
心配のし過ぎ、
多湿の環境などで、
脾の生理機能を
虐めないように
することです。

脾の機能が弱ると、
内臓下垂だけでなく
出血しやすくなったり
泥状の便がでたり
小さなことでも
すぐ心配に
なったりします。

内臓の生理機能が
内臓全体の
バランスをとって
体内にちょうど
納まっているなんて

面白い考え方ですね(^_-)-☆

 

■中医学基礎講座
【症状から読み解く中医学】シリーズはこちら↓
http://joseimibyou-kkj.com/basic-medicine-basic-lecture-beginner/

■メニュー・料金はこちら↓
メニュー・料金・お問い合わせはこちら


◇顔が火照って足が冷える

下半身は冷えるのに
いつも飲み物は
冷たいもの。
それもごくごく、
氷入りを
飲み下しては
お腹を下す(^_^;)

自分では当たり前で
体質だと思っていて
特別気にしていないことも
多いですが、

これ、ざっくりいうと、
陰陽バランス失調です。

体の中の熱が、
何らかの原因で
巡りが悪くなり
身体の上部に溜まって、

上半身に痛みや火照り、
乾燥のような症状が
集まり、

逆に手足が冷える、
足がむくむ、
お腹が下る

ということが
よく起こるようになります。

中医学では
こんな状態の事を、
「上熱下寒
(じょうねつげかん)」
と言ったりします。

自然界でも
似たようなことが。

天気予報で
上空からの寒気が・・
とか、南からの熱い空気が
流れ込み発達して・・

って言う言葉を
よく耳にします。

水は熱で温まり雲になり、
冷えて雨となり
地上に降り注ぐように、

体の中でも
寒と熱は循環しています。

なので上手く
巡らなくなると、
いろんな症状が
出てきます。

巡らせるのに
一番安くて
簡単なのは、
運動です。

特に足を使う運動。

歩くだけでも
いいですから、
足を使う事を
おススメします。

人体も自然の一部。

氣の「巡り」が滞ると、
陰陽のバランスも
崩れやすくなりますので。

かっこいい
スニーカー買って、
見た目から入ると
やる気も出るかも
しれませんね(^_-)-☆

■中医学基礎講座
【症状から読み解く中医学】シリーズはこちら↓
http://joseimibyou-kkj.com/basic-medicine-basic-lecture-beginner/

■メニュー・料金はこちら↓
メニュー・料金・お問い合わせはこちら


◇表熱裏寒(ひょうねつりかん)

「表熱裏寒」とは、

病気の場所が
身体の浅い所に
あるのか、

体内深い所で
起きているのか、

その病気の性質は
寒性なのか
熱性なのか?

を現す言葉です。

 

表(ひょう)とは
インフルエンザなど、
病気が外から来て、

皮膚や鼻や口から
体内に入り込んで
引き起こされた
症状の事をいいます。

急に高熱が出て
同時に悪寒がします。
でもすぐ回復します。

表は病気が、
身体のまだ
浅い場所にある
ことを指します。

反対に裏(り)は、
内臓の症状が出たり、
気血の症状へ
進んでしまったり、

体質的なものや、
慢性的な病気や
症状のことを指します。

なので病気が
体内に深く
入り込んだことを
指します。

表熱裏寒
(ひょうねつりかん)は、

もともと
冷え症の人が、
風邪などで
熱を出すと、

頭痛や喉の痛み、
咳など熱の症状が
あるのに、

下痢をしたり
手足が冷たかったり
するという、

冷えと熱の症状が
ごちゃまぜになる
ことがあって、

そんな時の
体の状態の
1つの表現です。

元々は冷えがあるので、
体を冷やすことを
嫌がることがあります。

そんな時は
体を温めて発汗させて、

汗が出たら
水分を補給して
良く寝ましょう。

わりと良くある
体の表現です。

冷たいものを
欲しがっている時は、
体内は熱に偏り、

温かいものが
欲しい時は
体内は冷えに
偏っています。

体内の冷えと熱の
偏りは簡単に区別
できますので、

見た目に
流されないのも
症状を長引かせないための
ポイントですね(^_-)-☆

 

■中医学基礎講座
【症状から読み解く中医学】シリーズはこちら↓
http://joseimibyou-kkj.com/basic-medicine-basic-lecture-beginner/

メニュー・料金・お問い合わせはこちら


 

◇サウナで頭痛

先日、仕事帰りに、
あんまり
くたびれたので、
サウナに行ったんです。

すごく気持ちのいい
汗かいて
スッキリして家で
ビール飲んで寝たら、

夜中にすごく
頭が痛くなって

薬飲んで
しまいました・・・

サウナは10分も
入ってないんだけど、

あれがダメだったのかな・・?

っていう主訴の
お客様。

 

はい。それも
頭痛の原因の
一つかと。

舌に苔が少なくて、
真ん中に割れ目が
あって、

舌の色がちょっと
白っぽい人。

体の水分量が
ちょっと少なめです。

水分の中には、
血液も含まれます。

いずれにせよ、
水分が少なく
なっているのに、

むりやり汗かいて、
水分外に出しては、

もっと少なくなって
しまいます。

水分を摂取した
そうですが、
足りなかったか
うまく巡らなかった
のかもしれません。

体に熱が籠って
冷やせずに、
さらにアルコールで
血管が拡張して、
神経を刺激して、

頭痛が現れたの
かもしれません。

更年期の時など、
水分量が少ない、
体が乾燥しやすい、
熱が籠りやすい
タイプの人は、

サウナはおススメ
しません。

巡りを良くしようと
したつもりが、

巡らせるモノが
足りなくなって、

逆効果になることが
ありますので、
注意しましょう(^_-)-☆

貧血気味の方や、
疲れやすいタイプも、
無理に汗をかくのは
身体に合っていない
事が多いです。

冷えの改善に良い
汗のかき方は
じわっと温まる
程度の汗。

だらだら滝のように
汗をかくのは
控えましょう~!

 

■中医学基礎講座
【症状から読み解く中医学】シリーズはこちら↓
http://joseimibyou-kkj.com/basic-medicine-basic-lecture-beginner/

メニュー・料金・お問い合わせはこちら


 

◇中医学の入門編
陰陽五行の講座はこちらから↓

http://joseimibyou-kkj.com/ying-yang-and-five-elements-%e2%80%90course/

*****************

介護にならない体をつくる
~40歳から始める更年期ケア~
女性未病研究所の
中医学カウンセリング&
推拿整体はこちらから↓

推拿整体についてはこちら

中医学カウンセリングについてはこちら

メニュー・料金・お問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る