ブログ

熱が出た時冷やす?温める?

◇表熱裏寒(ひょうねつりかん)

・体表と体内と冷えと熱

病気の名前とは違いますが、中医学の体の状態を現す言葉に、表熱裏寒(ひょう
ねつりかん)というのがあります。
表証(ひょうしょう)とはインフルエンザなど、病気が外から皮膚や鼻や口から体
内に入り込んで引き起こされた体の急性症状の事です。

主に急な発熱と、同時に悪寒がしますが、回復も早いです。
表(ひょう)は病気の場所が外側、表側のことで、病気の深さは浅い状態です。

反対に裏証(りしょう)は、表で病気を食い止められなくて、内臓や気血の症状へ
進んでしまったり、もともとの体質や、慢性的な病気や症状のことを指します。

なので裏(り)は病気が体内に深く入り込んでいるので、場所は深く重いことが多
いです。

表熱裏寒(ひょうねつりかん)は、もともと冷え症の人が、風邪などで熱を出すと、
頭痛や喉の痛み、咳など熱の症状と、下痢や手足が冷えるといった、冷えと熱の
症状がごちゃまぜになることがあって、そんな時の体の状態の表現の1つです。

こんな時は、元々体に冷えがあるので、体を冷やすことを嫌がることがあります。

そんな時は体を温めて発汗させて、汗が出たら水分を補給して良く寝ましょう。

わりと良くある体の表現です。冷たいものを飲みたいか、温かいものがいいかで、
体内が冷えているのか熱が籠っているのかは区別できますので、冷たいものが欲
しい時は冷やす、欲しくない時は水分を補給しながら温めて汗を出すことで体を
冷やすのが無理なく自然です。

ただ熱があまりに高い時は、まず医療機関を受診してくださいね(^_-)-☆

 

推拿整体についてはこちら

中医学カウンセリングについてはこちら

メニュー・料金・お問い合わせはこちら

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る