ブログ

下痢、汗のかきすぎ、出血、だるさ、ふらつき、失神

◇気随液脱(きずいえきだつ)

食あたりや風邪などで
ひどい下痢をした時。

暑くて
ものすごく汗をかいた時。

めったにないけど、
ケガなどで、
大出血した時。

女性は生理が重くて、
出血量がすごく多かったり、

出産の時など・・

中医学では
体内の水分には、
気がくっついていると
考えているので、

例え汗でも、
おしっこでも

体外へ水分が
出ていく時は、

気も一緒に
外へ出ていきます。

血液も、
気と水分で
出来ているので、

出血が多いと、
気も減って
しまうのです。

気とはエネルギー。

生命活動に
なくてはならない
ものです。

水分が大量に
外へ出て、
気(エネルギー)も
一緒に外へ出てしまうと、

少しならまだしも、
一度に大量となると、

エネルギーも
減ってしまうので、

体が冷えたり、
酷い時は
失神したりします。

もともと
貧血気味の人や、
体が弱い人は、

この気(エネルギー)が
もともと少ないので、

たくさん
汗をかくような
激しい運動や

サウナなどの
むりやり
汗をかくような
行為は

体に合わないので
却って体調を悪く
してしまいます。

汗をかくことは
気血の巡りを
よくするので

とてもいいこと
なのですが、

かきすぎると
気を消耗
してしまうので、

注意が必要ですね(^_-)-☆

このように
体の水分が

一度に大量に
外へ出てしまい、

エネルギー不足に
なる状態を

「気随液脱(きずいえきだつ)」
といいます。

ほとんどは、
めったにない、
病的な状態を指しますが、

例えば下痢した後、
足腰がだるくて
酷く疲れることって
ありますよね?

汗をかいたり、
水分が外へ
大量に出ていった後は、

なんとなく
疲れたような
感覚があるのでは
ないかと思います。

程度の差は
ありますが、
水分が外へ
出た後は、

必ず補給するのが
大切です。

また、
体質に合った、
汗のかき方も
必要ですね(^_-)-☆

疲れやすい人、
貧血気味の人、
生理が重い人は、

お風呂でも、
サウナでも、
運動でも、

汗をかきだしたら
そこでやめる。

ヨガや太極拳など、
じんわり汗をかく程度に
しておくのが
いいと思います。

大切なのは、
気血津液を
巡らせること。

汗をかくことが
体を整えるわけでは
ないので
注意しましょうね(^_-)-☆

∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗

気・血・津液をサラサラに!
~40歳から始める更年期ケア~
女性未病研究所の
中医学カウンセリング&
推拿整体はこちらから↓

推拿整体についてはこちら

中医学カウンセリングについてはこちら

メニュー・料金・お問い合わせはこちら

中医学の入門編
陰陽五行の講座はこちらから↓

陰陽五行の講座についてはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る