ブログ

重い生理痛、無月経、脇のラインの張るような痛み、イライラ

◇気滞血瘀(きたいけつお)

体に痛みや違和感がある時、
ほとんどはその場所や
関連する部分に

この気滞血瘀が
あることが多いです。

これは
気(エネルギー)が滞り、
血流に影響して
血流も滞り、

塊が出来て痛む
という症状です。

長期間に及ぶ
ストレスや病気で、
肝の気が鬱屈すると

肝の生理機能の一つ、
気を滑らかに巡らせる
という機能が上手く働かず、

滞りやすくなります。

血を巡らせているのは
気だと考えられているので、

気が滞ると
血流も滞るわけです。

血は形があるので、
塊になると、
痛みを伴います。

また塊が大きくなって
血管を破ると、
出血症状となります。

出血すると血は固まるので、
また滞り・・

酷くなると
これを繰り返すので、
痛みも固定痛となり、

刺すような鋭い痛み
となります。

女性の場合、
生理痛が酷かったり、
塊のようなものが出たり、

イライラや脇のラインの
張るような痛み、
も出ることがあります。

また肝は血を蔵するので、
肝血が鬱滞すると、
生理も止まったりします。

気が滞っているだけなら
詰まっているような、
張るような痛みや
違和感ですが、

気が滞ることで、
血流に影響が及ぶと、

今度は血流が滞って、
気の流れも滞るという

スパイラルに発展します。

これを
「気滞血瘀(きたいけつお)」
といいます。

いつも同じところが
刺すように痛む、
張るような感じ、

イライラや
ストレスを発散できない
などの自覚がある時は、

気がうまく巡らずに、
どこかで滞っているの
かもしれません。

気の巡りを促すのに
とてもいいのは
香りです。

好きな香り、
アロマでもいいですし、

柑橘類、
ミカンやレモン、
香草類、
三つ葉やパクチー、春菊

無理のない程度の運動。

気分転換。
ずる休み(笑)

などで、
ストレスを上手く
かわしたり、
上手く付き合って
みてくださいね(^_-)-☆

∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗

気・血・津液をサラサラに!
~40歳から始める更年期ケア~
女性未病研究所の
中医学カウンセリング&
推拿整体はこちらから↓

推拿整体についてはこちら

中医学カウンセリングについてはこちら

メニュー・料金・お問い合わせはこちら

中医学の入門編
陰陽五行の講座はこちらから↓

陰陽五行の講座についてはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る