中医カウンセリング

◇心だけではない、からだ全体を診るカウンセリングとは?

・四診(ししん)

中医学では、
体は自然界の一部だと捉えているため、

例えどこかに異常が出て、
西洋医学的には病気だと判断されても、

病気だけではなく、
その原因や過程を体内だけでなく
環境や食生活にまで範囲を広げて検証します。

そのもっとも基本的な検証法を
四診(ししん)といいます。

中医カウンセリングは、
この四診を中心にしたカウンセリングです。

四診とは、
見る(望診)・聞く、嗅ぐ(聞診)・触れる(切診)・問う(問診)の
4種類の質問形式のことです。

 

・見る・望診とは、
姿や形、色、質感など、
視覚による情報を集めたものです。

例えば、背が高いのか低いのか、
肥っているのか痩せているのか、

男性女性、年齢、顔色、肌の色、質・・・

そしてもっとも重要なのが、

舌を診ることです。
舌は内臓の今の様子を現す場所なので、
とても雄弁です。
見た目は何ともなくても、
自覚がなくても、
舌は正直に体内の様子を物語ります。

 

・聞く嗅ぐ・聞診は、
音を聞くことと、臭いを嗅ぐことです。

声の高さ、大きさ、力強さ、質。
かすれているか、滑らかか。
また臭い。

聞くとは臭いを嗅ぐ意味もあるので、
体臭や口臭、排せつ物の臭いなども
体内の状態を知る一つのヒントになります。

 

・触れる・切診は体の質感。
固く張りつめているのか、
柔らかくふわふわなのか、
浮腫んでいるのか、

また触ったところが痛んだり、
くすぐったかったり、触られたくなかったり。

痛んだ場所がどんな場所なのか?も、
重要なポイントです。

内臓と繋がっている
経絡(けいらく)という
気の通り道が近くを通っていないか、

ツボと言われているエネルギーの出入り口、
経穴(けいけつ)は痛まないかなどです。

また、重要なのは脈診です。
脈診は左右の手でそれぞれ3カ所を取り、

左は心・肝・腎
右は肺・脾・腎

の情報を得ることが出来ます。

ただ脈診は、
正しく取れるようになるには経験が必要で、
セラピストでは脈診は出来ないので、
中医カウンセリングでは脈診は使いません。

 

・問う・問診はそのまま、問診です。
仕事や家族構成、生活環境、
食事の好み、便の状態や睡眠など、
細かく知ることで、
どんな環境にいるのかがわかりますし、

特に体を作っている食事の情報は
なにより大切です。

これらから得られた情報を元に、
病気そのものと同時に、
何が原因で、どんな経路、経過を経て
今に至ったかを見極めて、
施術に生かしていきます。

つまり、漢方(中薬)や鍼灸、
そして推拿を、

どのような施術法、施術方針で臨むかは、
まずこの四診から得た情報が元になります。

 

・体質を知ること

この四診から得た情報で、
体質を知ることができます。

巷にはいろんな健康法、治療法がありますが、
一人一人体質は違います。

本来、この体質に合わせて、
施術方針や治療方針は違うのが当たり前なのですが、

西洋医学では、人それぞれの体質ではなく、
病気の特性に合わせた、

いわば「対症」が主流ですから、

その病気の特性からはずれていると、
対応できないということが起こってしまうのです。

ですが病気の特性にではなく、
一人一人の体質に合わせた「対証」なら、

出来ない、原因不明、ということはありません。

そういう意味で、中医カウンセリングは
既存の考え方や仕組みとは違ったものですから、

体質を知るということには
とても大きな意味があると考えています。

推拿整体・カウンセリングメニュー・料金はこちら

中医からだカウンセリングに関するお問い合わせ・お申込みはこちらまで

 

ページ上部へ戻る