ブログ

介護をしている人のためのお茶会2月 開催報告

◇介護する家族の立場から◇

  1. 毎日お世話になっているので言いにくい
  2. 改善=仕事が増える
  3. 教えてくださいというスタンス
  4. 参加者の声
  5. 3月のお茶会

・毎日お世話になっているので言いにくい

今回ご参加いただいたのは、

・親御さんの介護を
始めて1年目の方、

・デイサービスの
ケアスタッフ(CS)で
ボディケアもされている
セラピストさん、

・介護福祉士の方、

・社会福祉士の方、

と私、整体師
(有料老人ホームCS)

という顔ぶれでの
開催でした。

中でも今、
小規模多機能施設に
親御さんが入所されている
S様のお話を

みんなで共有して
考えるという、

かなり濃厚な
2時間となりました。

 

今回の特徴は、
みんな介護している人
ではあるけど、

介護職員と
介護職員に家族を
介護してもらっている
介護者の家族

という構図です。

お互い介護者ですが、
立ち位置が違う分、
見えてくる景色も
ベクトルも違います。

普段、お世話になっている
施設の中では
なかなか本音を
ぶつけ合えない
間柄の者同士。

日々感じている
不安や不満を
どのように伝えたら
まあるくやさしく
伝わるだろう?

というのが一つの
大きなテーマと
なりました。

・改善=仕事が増える

S様が介護施設の
CSに対して
日々抱いている不安・・

それは、
この人たち、素人?

というものでした。

ちょっと考えれば
分かりそうなものなのに、

ましてやプロなら
知っていて当然なのでは?

という事が
出来ない、知らない
人がいる。

なんでやって
くれないんだろう?

どうして気づかない
んだろう?

こんなことも
知らないの?

そしてそれを伝えると
クレームのように
受け取られてしまう・・・

お願いしている
だけなのに

もどかしく、
残念な事ですね。

施設あるあるだなあ
と思いました。

先ず、確かに施設は
ものすごい人手不足。

それゆえ、
未経験、無資格でも

すぐに働けるところも
あるほどです。

また資格があっても
テクニックは実際に
やりながら覚えるので

経験が浅い人は
いろんな面で
素人同然(^_^;)

と言われても
仕方がない面も
あると思います。

また経験が豊富
だからと言って
仕事が丁寧か?

といったら
必ずしもそうとは
言えません。

ここには
性格も思い切り
出ると思います。

これはどの業界でも
あることかも
しれませんね。

結局は一人一人の
人間性の問題でも
あるかと思います。

またご家族の
ご希望に添えることが

却って自分たちの
仕事を増やしてしまう・・

そんなわけで
やってくれる人と
やらない人が出てくる。

介護の質に
ムラが生じるという
わけです。

・教えてくださいというスタンス

相性がピッタリの
CSやケアマネなど
介護に携わるスタッフに
出会えればいいですけど、

これは本当に
運次第?

日本人の特性
かもしれませんが

ハッキリ言うと、
恐がられたり
煙たがれたり

なかなか良質な関係が
成立しにくいという
面倒くささを

皆さん一度は
経験したことが
あるでしょう。

今回のS様の
お話を聞いて、

現場の人間として
ご家族はこのように
感じているという、
本当の想いを
聞かせていただけた。

そんな風に感じました。

そしどうやったら
人間関係を健やかに
保てるか?

どんな仕事でも通じる
テーマですが、

その中でも
これやって下さい、
どうしてこうなの?

というある種
不満から発生する要求を

相手に不快感を与えずに
伝えるには
どうしたらいいのか?

というところで、
このようなお話が
ありました。

それは、

「教えてください」

という立ち位置で
相手に向き合う。

というものです。

例えば、
認知症の人なんだから
こんなことをするのは
当たり前なのに
どうしてこんなことも
知らないの・・・?
   ↓
認知症の人が
こんなことするのは
なぜなのでしょうか?
どうしてこんなこと
するんでしょうか・・?

のように
教えてください、
というスタンスに変換して
質問すると、

知っていれば
教えてくれるし
知らなければ一度
勉強する機会を
与えることが出来る。

確かにこの言い方だと
相手のプライドを
傷つけることなく

要求から攻撃性を
取り除き、

言葉をまろやかに
相手に伝えることが
できそうですね(^_-)-☆

これ、誰にでも
どんな人間関係でも
使えるなあって

実際に現場で私も
使ってみようと
思いました。

何が出来る
というわけでは
ないけれど、

今回のお茶会でS様が
何となくほっと
心の重荷が
小さくなっていたら
嬉しいな~。

そんなお茶会、
来月も開催しますよ!

■介護をしている人のためのお茶会3月■

■日時3月17日(土)
14時~16時
花屋&カフェ
ラプティフルール

ですが残席すでに
あと1名です。
お申し込みはお早めに!

 

・参加者様のご感想

デイサービスCSのM様より

先日は有り難うございました。

皆さん素敵な方で、
大変有意義な時間を
過ごすことができました♪

私は、介護経験は
未だ御座いませんが

デイサービスで働いている
立場として

Sさんのお話しは、
大変勉強になりました!

また、
Sさんのお声に対しての

皆さんの温かいご対応も、
大変心地よく

時には、介助をしている時
自分はどうだろう?
と改めて考えたりもしました

今回のような様々な立場の
意見交換は今後の介護を
より良くするために
必要になると思います

素晴らしい企画を
していただき

参加出来たことに
感謝致しますm(__)m

・介護福祉士S様より

介護という共通の
キーワードを持った方と
ネットワークが広がる
場を持てて嬉しいです^_^

みなさん初対面でしたが
気楽に話せる
楽しいお茶会でした♪

参加者のお一人は
親御さんの介護に直面し、
ひたむきに頑張る方でした。

家族の切実な悩みを聞いて、
同じ気持ちを持った人は、
もっとたくさん居るはず…

誰かに聞いてもらえてるかな?
と心配になりました。

介護に携わる者として、
家族のケアは大切だと
改めて感じます。

主催者の佐藤さんの
和やかな空気感が
周りの人たちも
和ませてくれます^_^
また参加したいです。
ありがとうございました。

*************

こちらこそ
ご参加いただきました
皆さま、

貴重なお時間を
共有してくださり
ありがとうございました。

まだ2回目ですが、

次の段階として
すでに新たな企画が
進行しております。

こちらの方も
お楽しみに~!

・介護をしている人のためのお茶会3月

■日時
3月17日(土)
14時~16時

■場所
横浜・大倉山
花屋&カフェ
ラプティフルール
045-544-1173
http://www.petite-fl.ecnet.jp/

■参加費
無料(飲食代はご負担下さい)

※同日は介護福祉士さんも
参加されます。
質問などもOKです!

■お申込み・お問い合わせ

介護をしている人のためのお茶会
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5e4ab195436240

 

∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗

◇中医学基礎初級編
「人体の宇宙①」

~「氣・血・津」~

講座始まりました。
くわしくはこちら↓

http://joseimibyou-kkj.com/start-of-lecture-of-ki-%c2%b7-blood-%c2%b7-tsu/

∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗

気・血・津液をサラサラに!
~40歳から始める更年期ケア~
女性未病研究所の
中医学カウンセリング&
推拿整体はこちらから↓

推拿整体についてはこちら

中医学カウンセリングについてはこちら

メニュー・料金・お問い合わせはこちら

中医学の入門編
陰陽五行の講座はこちらから↓

陰陽五行の講座についてはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る