ブログ

女性未病研究所に込めた想い

◇女性未病研究所を立ち上げたわけ

35歳の私へ・・・

30代。

女性として、もっとも輝いている、夢や希望を現実にする年代。

仕事も楽しくて、何もかも充実していて、さあ、次は?

もちろん、結婚でしょう?
勉強頑張った、仕事も頑張った。
次に頑張るのは新しい事!
家族を作って、新しい未来を築く。

彼もいる。

だから当然、結婚して、子供産んで、新しい人生を築き上げるんだ!

って、思っていました。なんの疑いもなく。

人生、勝ち組と言われていた、そっち側にいるって、勝手に思ってた。

でも、どんなに頑張っても、手に入らないものってあるみたい。
努力しても結果がついてこないことってあるみたい。

それをいやというほど、思い知った時間が、30代でした。
特に35歳の時のわたし。

どんどん体がおかしくなっていって、どんどん心が追い詰められていって、家族間の人間関係がこんがらがっていって、でも、全部自分で処理しようとして、一生懸命頑張っていました。

立ち回り方が、頼り方が、甘え方が全く分からなかったので、そんなもんだと受け入れて、気が付いたら毎日、生活するのがやっとの体に成り果てていました。

あの時、誰かに話せたら。
情報があったら。
35歳の自分に、教えてあげたい。

どうしたっておかしいのに、感覚が麻痺して、それが普通になってしまっていることを。

女としての人生のもっとも美しい時間を、ガマンすることなんてない。
苦痛でゆがめなくてもいいんだよ、って教えてあげたいと思っています。

一生忘れられない、たった一言。

「お待たせしました!・・・今何時?・・・えっ!6時間!?大丈夫ですか?お辛かったでしょう?」
今思うと、この一言が、私を今の仕事へと導いてくれたのかもしれません。

その日、私は家から車で30分くらいの、地元では結構大きな総合病院の産婦人科の待合室にいました。

お腹の大きな女性たちに混ざって、貧血でフラフラで、ソファにうずくまってただ眠りながら順番を待っていました。

子宮動脈塞栓術(UAE)という、当時まだよく知られていない、でも、おそらくその時の私にはぴったりの最新の手術。
その予約を取りに行ってんです。

多発性の子宮筋層内筋腫による過多出血で、ほとんど毎日出血していたそのころの私を、仕事が出来るカラダへと導いてくれるはずの、最後の希望でした。

この病院へたどり着く前に、別のクリニックで検査を受けていましたが、そこの先生と相性が悪く、怒鳴られ、機材で乱暴に扱われ、精神的にも肉体的にも恐怖で固まってしまい、その時そこの先生が言った言葉。

「これは、検査を受けようとする人間の態度じゃない!あなた、このままだと出血しますよ。続けますか?止めますか?」

そして案の定、予言通り、生理が終わったばかりなのに、精神的なショックからくる不正出血が始まりました。
もう、ダメかな・・?立ち上がるたび、歩くたび、さらさら血が流れていく。

子宮筋腫は良性の腫瘍なので、死に至るようなものではありません。
ですが、血が止まらない。

その日は夜用のナプキンを一袋買って持って行きましたが、名前を呼ばれるまでに使い果たして足りず、小さいのをいくつも重ねて名前が呼ばれるまで待っていました。

紹介状がないので、一番最後。
朝の8時過ぎに入って、名前を呼ばれたのが午後2時。
ものすごいたくさんの数の患者さんを診ているはずですから、機械的に対応されることを疑わずに、部屋に入ったその時の第一声が、

「お待たせしました!・・・今何時?・・・えっ!6時間!?大丈夫ですか?お辛かったでしょう?」

だったんです。びっくりしました。

同時に、ああ、助かる・・助かった!私まだ大丈夫だ。
って思いました。

その女性の先生は、私の命とココロを同時に、たったの一言で救い上げてくれたんです。

泣きながら今までの経緯を説明し、その場で手術の予約を入れました。

次の手がある。
次へ進める。

それは未来が私の目の前に、まだ続いていることの現実でもありました。

嬉しかった。
どれだけ、目の前の色が変わったか、わかりますか?

手術は成功して、過多出血はウソのように治まり、あとは力をつけていくだけ。
のはずでしたが、そう簡単には体調は戻りませんでした。

ですが、この時の先生の一言に救われた想い。
どうしようもなく彷徨っている時の不安な気持ち。

この二つが、女性未病研究所を立ち上げる、大きなきっかけとなりました。

私みたいな、もしくはもっと大変な思いをしている女性はたくさんいる。
そんな女性の何かのお手伝いが出来ないかな・・?
支えになれないかな・・?

今、病院では異常なしと言われて、でも辛い思いをしている女性はいっぱいいるから、何かの方法で、支援したかった。

その第一歩が女性未病研究所です。

 

ページ上部へ戻る