ブログ

あけましておめでとうございます。

◇去年のはなし◇

やっとパソコンと
向き合う気力が
出てきました。

去年は世界中の
どんな人にとっても、

特別で、初めてで、
いろんな意味で
新しい年だったのでは
ないでしょうか?

かくいう私も、
前職(映像編集)
を辞めてから
初めての就職で、

会社って、
こんなんだったっけ?

と、いろいろ
考えされられたり、
体力気力を試されたり、

また母親の介護も始まり、
とどめに妹も体調を崩し、

未病を研究している
場合ではなくなり、

ひたすら現実と
向き合う1年となりました。

そんな中でしたが、
今まで勉強してきたことは、
ここに辿り着くのか~!

みたいな、
何一つ無駄にならずに、
それはそれで
よかったんですけど、

一度にたくさんのことを
同時にこなすことが
苦手な私です。

目の前のことを
こなすことで、
精一杯になって
しまいました。

最初は介護の資格を
取得するため、
集中して勉強するため・・・

学校に通う間は、
活動をセーブするという
はずだったのですが、
(実務者研修は
取得しました♡)

その研修が終わるころ、
コロナが本格的に
流行し始め、

人と会ったり、
遊びに行ったりといった
当たり前が
出来なくなりました。

さらに
追い打ちをかけるように、

30年来の親友が、
くも膜下出血で急死し、

誰とも会えず、
飲みにも行けず、

メンタルが猛烈に
落ち込みました。

なんとか周りのサポートで
ギリギリ踏ん張って、
ようやく夏。

少しは世の中が明るく、
コロナも第一波が落ち着き、
人々が外へ出始めたころ、

今度は母が怪我をして、
歩けなくなり、
本格的な介護状態と
なりました。

仕事で介護を
やっていて良かったのは、
どんなことにも
動じないでいられたこと。

母の不安を一蹴して、
みんなそうだから。
お母さんだけじゃないから。

むしろいいほうだよ、
って、言えること。

良し悪しですけど、
ブレずに支えて
いられたことかな。

その母も痛みと戦い
頑張った甲斐あって、
やっと歩けるようになったと
思ったらもう秋。

今度は妹の病気が
発覚(;^_^A

そんなわけで、
未病を研究する
心の余裕なんて、
これっぽっちも
なくて・・・。

女性未病研究所の活動は
まったくできませんでした。

この状態は恐らく、
来年も続くと思われ、
そして何より
去年から続く
度重なる「気づき」から、

自分の在り方、
やるべきこと、
幸せが、
次々と明確にも
なりました。

それに気づくまで、
こんなに時間が
かかりました。

当たり前のことです。
きっと、人によっては、
え?そんなこと?

って言いうレベルかも
しれません。

でも私は、
今までそれに気づかず、
自分を追い込み、
違和感を当たり前にして
生きてきてしまったので、

いったんリセット
します。

私は、私を
幸せにするために
生まれてきた。

だから、
まず私がどうしたら
幸せなのかを
感じること。
もう鈍っていて、
わからなく
なっているから(;^_^A

未病の活動は
ひとまずお休みに
しようと思います。

こんな人なのに、
誰かを幸せにしたいとか、
癒したいとか、
よくやったなあと。

勿論真剣に一生懸命
頑張りました。

そして頑張るほどに
同じくらい
違和感でもありました。

ですが、
その代わり
というわけでもないけれど、

昔取った杵柄というか、

映像編集をもう一度、
本格的に開始します。

このHPは
そのまま残して、

今度は未病に偏らない、
いろんな想いを
綴っていきます。

今までとは表現の仕方が
がらっと変わるけど、

今までの経験が
誰かの役に
立つことがあれば。

そんな感じで
気楽に書いていきますね(^_-)-☆

中医学はそのまま
残しますし、
中医学とも
形を変えて、
絡んでいくことも
あると思います。

中医学は
私の中心にあるもの
なので。

今まで
応援してくださり、
中医学に
興味をもってくださり、

直接お会いした方も
オンラインやメールなど
ご縁をいただいた
すべての方々に

感謝いたします。

本当に、本当に、
出会ってくれて
ありがとうございました。

皆さんにとって、
これからのいろいろが、

やさしく、あたたかく、
健やかでありますように。

そして本当に
一度しかない
今この瞬間、

絶対に無駄にしないように、
大切な人に、
大好きだよって、
大切だよって、

ちゃんと伝えて
自分の本当の気持ちだけを
シンプルに愛して
自分を幸せにして、

世界を幸せに
してくださいね。

それでは、みなさま、
いつでも素敵な一瞬の
積み重ねを
大切にしてくださいね(^_-)-☆

これからも
よろしくお願いいたします!

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る